酷い肩こりに効く薬ピックアップ@おすすめの飲み薬はこれ

うつ病からの肩こりには運動

 

うつ病というと昔は心の病と捉えられていましたが、最近では明らかに健常な状態の人と比べて脳内の神経伝達物質の分泌量に違いがあったり、また身体的な影響が生じることから肉体的な疾患でもあるという見方が強まっています。うつ病が原因になって生じる肩こりは、異常とも思えるほどの酷いこりを起こすことがありますが、どうしてでしょうか。

 

一般的に肩がこってしまう理由には、ストレスや運動不足、眼精疲労、血圧異常や長時間の同じ姿勢などがあります。こうした項目を見ると、うつ病と関係する「ストレス」「運動不足」「低血圧」といった問題も含まれていることがわかります。うつ病の代表的な原因であるストレスですが、これは精神的な緊張を強いるだけでなく、その反応として筋肉も緊張した状態になってしまいます。すると血液の循環機能が低下して、肩こりが生じるようになります。

 

また、うつ病になると気力や体力の問題から、横になって休むことが増え、運動不足になってしまいがちです。人間の体は、筋肉を動かすことで、血液循環を促していますから、運動不足は血流の悪化を起こしやすいのです。

 

ですが、うつ病の治療のためにも運動をするようにというのは精神科医のアドバイスでも多く、血流だけでなく自律神経を整えたりストレスを解消するためにも有効です。うつ病からの肩こりは、原因になるうつ病を治療することが第一ですが、そのためにも運動は継続して行ったほうが良いのです。

 

肩こりと顎関節症

 

肩こりや頭痛は、血行の問題であることが多いのですが、時々顎関節の不調から生じていることもありますから注意しておきましょう。食事で硬いものを噛めば顎関節に違和感が出たり、口が開かない、そういう状況が顎関節症ですが、こういった人の中には、慢性的な肩こりを抱えていることも多いのです。顎関節トラブルがあると、歯ぎしりが出たり、また噛み合わせに違和感を感じたりするようになります。また、習慣によっては顎関節に負担をかけてしまって症状が出てくる場合もあります。

 

顎関節の不調から肩こり、頭痛の発生・悪化が起こるのは、食事で使う筋肉が異常に緊張している場合があります。この緊張は誰でも多少はありますが、この左右のバランスが極端になると、肩こりを起こす原因になります。この筋肉は頭、首、肩などにもつながっているため、その緊張がつたわって血行不良を起こしたり、筋肉の緊張を招くのです。

 

顎関節症からの肩こりを予防するためには、顎関節を動かす際に、筋肉の左右差を減らすように心がけることです。つまり、噛むことを左右バランスよくすることが大切です。また、無意識のうち歯をくいしばっていたり、歯ぎしりをしたりする習慣があるかもしれませんから、普段からストレスやそういった習慣に注意しておくと良いでしょう。

 

顎関節症があれば肩こりもしやすくなりますが、肩こりをしているからと顎関節症になりやすいということはありませんから、ひとまず肩こりだからと言ってあれこれ心配する必要はありません。

 

肩こりと高血圧

 

高血圧というのは、心臓から、全身に血液を送る力とも言い換えることができますが、血圧が高いことは心臓にパワーがあってよいということではなく、それだけ心臓がムリして頑張っているということになります。そして、血管にも負担となりますから、それだけ体には良いことではないのです。

 

それが肩こりとどう影響があるのかと言うと、血圧が高い時というのは、筋肉が硬直して血管を圧迫していることが多いからです。肩こりの人は肩の筋肉が非常に緊張しているために、肩の筋肉が血管を圧迫していて、血流を妨害しています。そのため、細くなっている血管から頑張って血液を流しこもうと強い圧力(血圧)がかかっているのです。ですから、肩こりになっていると高血圧を起こしやすいのです。

 

また、肩こりはストレスを誘発しますが、ストレスは血管が収縮させて高血圧を引き起こします。そのため、肩こりというのはダブルで血圧を高くするリスクがあることになります。

 

筋トレをすると筋肉は当然大きくなるのですが、心臓も筋肉でできています。高血圧の人というのは、心臓を使いこんでいるため、筋肉が発達して大きくなってしまいます。すると、心肥大になりやすいのです。これもひとつの心臓病です。高血圧は多くの血管障害を引き起こし、時には命に関わる重大な状況を招くこともあります。ですから、あまりにも肩こりがひどいときには、血圧も気にするようにしてください。たかが肩こりだと思っていたら、実は大変なことが裏で起こっていたなんてことになると大変です。

 

肩こりと病気

 

ある年齢層を超えてくると、8割程度の人は肩こりに悩んでいるそうです。さらに、慢性的な目の疲れや肩こり、頭痛などを持っている人も増えていると言われています。そんな一般的な症状でも、いつもと症状が違う場合は要注意です。肩こりだと思っても、ほかに何かのトラブルが生じている可能性があります。

 

慢性的な肩こりが出る人の中には、胃の調子の悪い人が多いと言われています。胃の調子が悪くなると肩がこる理由は、内臓の神経と背中の神経は脊髄で交わっていて、内臓に痛みがあれば脊髄近くの肩や背中の筋肉が緊張し、神経を圧迫するようになるためです。ですから、普通の筋肉疲労によるものとは違った神経痛の痛みが生じるようになります。

 

胃の調子の悪い人は、特に左の肩がこるようになります。実は、他にも肝臓が悪くなっても肩こりが出るのですが、その場合は右肩がこります。痛みが強いほどこれらの臓器の調子が悪いことになります。一般的な肩こりの場合、よほど左右の腕にかかる負荷に差が無い限りは、両側が均等にこるのが普通です。

 

左肩だけこる場合には、膵炎の可能性もあります。膵臓に炎症が起こると膵臓となりますが、飲酒や胆石などがきっかけで膵炎が起きることがあります。特に中高年に起こりやすく、男性は飲酒、女性は胆石による膵炎が多いので注意しましょう。急性膵炎の場合には、左上腹部から背中に激痛と嘔吐を伴います。軽いものなら肩こり程度で感じるために気づかないこともあります。

 

他にも心臓やうつ病などの影響から肩こりが生じることもありますし、強い眼精疲労や眼病から肩がこることもあります。実は多くの病気が関わっている肩こりですから、何かいつもと違うと感じたら注意しましょう。

 

肩こりの原因は何?

 

肩こりというのは、普段はあまり感じなくても、時々つらくなることが多いですよね。原因になるのはハードな仕事とか、目を酷使したとか、いろんなものが複雑に絡み合って生じるのだそうです。肩こりというのは、実際には肩だけでなく、首すじや肩や背中にかけて広範囲の張りやこり、痛みについて使われる言葉です。肩こりは外国では概念そのものが無いとも言われ、適切な単語がないそうです。

 

首や背に継続的に緊張を与えるような姿勢で作業したり、長時間そういった姿勢を続けることが直接的な原因と考えられています。その他、運動不足やストレス、肩に重い荷物を背負うことが長く続いたなどの理由によって肩こりが発生すると見られます。その他、気圧の変化によって肩こりを生じる人もいるようです。気圧の変化は自律神経に影響を及ぼし、体調不良を招くということが確認されています。

 

服装によっても肩こりは生じます。締め付けの強い服装は血行不良を招きやすいので注意しましょう。矯正下着などは特に肩こりを引き起こしやすいです。ネックレスやイヤリングが大きく重い場合も肩こりになることがありますから注意しましょう。

 

あまり意識されることは少ないですが、喫煙は血行不良を引き起こすため、肩こりの原因になります。禁煙がストレスになって肩こりをするという人もいますが、数週間で良くなりますので、基本的には禁煙した方が正解です。

 

肩こりの原因は非常に様々ですが、筋肉の過度の緊張と血行不良に注意していれば、多くの場合は改善できます。できない場合は別の疾患が隠れている場合がありますので、病気を疑って一度病院で診てもらいましょう。

 

肩こりは病気?

 

肩こりになると、肩の筋肉が硬直するために、肩の痛みや重さ、だるさなどを感じるようになり、ひどい人だと頭痛がするようにもなります。

 

肩の筋肉には、実は血管や神経が数多く通っているため、ひどい肩こりになると、血管・神経が硬直した筋肉で圧迫されて血流が悪くなり、神経障害にまで発展することがあるのです。ですから、肩こりはしびれや神経痛、自律神経失調症などを引き起こすキッカケになったり、他の様々な病気を起こすことがありますから油断できません。

 

実は、西洋医学においては肩こりという概念がありません。病気ではないと考えるのです。肩こりは、西洋医学における異常とは考えられておらず、診断の対象になっていません。しかし、東洋医学では病気としてとらえています。東洋医学では筋肉の硬さや、押したときの痛み・気持ちよさなども診断の中に含まれており、医師が患部を押して診断するということはよく行なわれています。

 

肩こりによる症状は様々ですが、肩がこっている人はこっていない人と比較すると生活がだいぶ大変だと思います。結局、命に危険のない病気であれば、生活に悪影響や不便が生じることが困るわけですから、そういったことを考えると病気と言っても差し支えないはずです。

 

肩こりはメカニズムは単純で、体の持つ自然治癒力が下がっている状態です。特別な異常ではありませんが、それは体の不調症状を招き、早めに改善してこそ健康で不便のない生活ができるものですから、専門家の力も借りて治しましょう。

 

こちらもどうぞ⇒ 辛い肩こりに効く薬は?口コミおすすめはどれ?

 

カルシウムについての基本知識

 

歯や骨というのはカルシウムによって作り出されており、全体重の2%前後を占めています。そのうちの99%は歯や骨に集中しているんですね。では、残りの1%はどこにあるのかというと、筋肉や血液などに含まれています。血液中などに含まれているカルシウムがあるからこそ、止血をしたり、筋肉を動かすサポートをしたりすることが出来ています。

 

骨というのは、細胞と同じく、常に新しいものと古いものが入れ替わっている状態になっています。つまり、骨も代謝が行われているということです。食事などから取り込まれたカルシウムは小腸によって吸収されて、必要以上のカルシウムは骨に貯蔵されることになります。そして、骨を作り出すために使われたり、血中のカルシウムが足りなくなってきたら、骨を破壊して血液に送り込むのです。

 

カルシウムが不足してしまうと骨密度も低くなってしまって骨粗しょう症になってしまったりする可能性が高いですので、カルシウムは食事などで摂取していくようにしましょう。では、カルシウムはどのような食品に多く含まれているのでしょうか?特に多い食品として、緑黄色野菜や大豆、納豆などのような大豆製品、海藻類、小魚、牛乳などが挙げられます。

 

更年期くらいの女性や授乳中、妊娠中の女性、幼児の頃と言うのは特にカルシウムが必要になります。更年期くらいになると骨密度が低くなってしまいますが、骨密度が低くなってしまってからカルシウムの補給をしてもすぐに改善させることは出来ません。ですので、その前からしっかりカルシウムを摂取スていくようにしましょう。

 

こちらもどうぞ⇒ カルシウムは女性が摂るべき栄養素

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 酷い肩こりに効く薬ピックアップ@おすすめの飲み薬はこれ All Rights Reserved.